第159回 直木賞(2018年上半期)の選考会が、7/18(水)に行われます

今回も「イヤミスの女王」こと湊かなえさんや

芥川賞4回・直木賞2回も候補にあがったことがある島本理生さんなど実力作家目白押し!

選考会当日の夜には受賞作品が決定!

ぜひお楽しみに!

 

【直木賞候補作一覧】

※著者あいうえお順

 

書名 『破滅の王』                   

著者  上田早夕里              

出版社 2017年11月・双葉社刊

 

書名 『宇喜多の楽土』                   

著者  木下昌輝           

出版社 2018年4月・文藝春秋刊

 

書名 『じっと手を見る』                   

著者  窪 美澄              

出版社 2018年4月・刊

 

書名 『ファーストラブ』                   

著者  島本理生             

出版社 2018年5月・文藝春秋刊

 

書名 『傍流の記者』                   

著者  本城雅人              

出版社 2018年4月・新潮社刊

 

書名 『未来』      

著者  湊かなえ              

出版社 2018年5月・双葉社刊