1月16日、東京・中央区の料亭で 第158回 芥川賞・直木賞の選考会が開かれました。

芥川賞は 石井遊佳さんの「百年泥」若竹千佐子さんの「おらおらでひとりいぐも」に、
直木賞は門井慶喜さんの「銀河鉄道の父」に決定し、さっそく店頭でのお問合わせもたくさん頂いております。

選考経過の説明会見では 直木賞選考委員を代表して伊集院静さんが登場され、門井さんの受賞理由について『大体、投票で決まった。圧倒的に門井さんの作品が約7割を占めていました』と選考経過を赤裸々に明かされたそうです。

 

9名の選考委員の7割が投票したという『銀河鉄道の父』

ともにデビュー作での受賞となった『おらおらでひとりいぐも』『百年泥』

 

各賞の受賞作 及び 候補作については、各トピックスにて特集しておりますので、
ぜひご覧くださいませ^^

芥川賞コチラ

直木賞コチラ